11月6・7、第20回商工会女性部全国大会が兵庫県神戸市「神戸ポートピアホテル」で開催されました。
1日目の大会には茨城県内から女性部員62人が参加し、全国各地より約2,400人の女性部員が神戸の地に一堂に会し、第1部の大会セレモニーに始まり、第2部では各ブロックの代表による女性部の主張発表大会が行われました。
今回、関東ブロック代表として、茨城県から小林弥生さん(五霞町)が出場し、女性部活動について発表しました。
審査の結果、最優秀賞には海田久子さん(佐賀県太良町)が受賞、小林さんは惜しくも優秀賞となったものの、商工会女性部の活動を全国にアピールし、会場に集まった女性部員から称賛されました。
2日目の視察研修は、姫路市に移動し、業界では珍しい女性杜氏が活躍している「灘菊酒造」と、日本で初の世界文化遺産となった「姫路城」を見学。
神戸市に戻り、異人館周辺の街並みを視察し、今後の茨城県の女性部活動への大きな参考となりました。


関東ブロック代表の小林さん(五霞町)


姫路城前にて記念撮影